使用上の注意点

カラコンは高度管理医療機器なので、正しい使い方を知らなければ目に異常を起こしてしまうことも考えられます。快適にトラブルを避けて使うためには守っておきたいポイントがいくつかあります。その中でも2つのポイントについて話します。

まず、使用する際ですが、正しいケアをして保存するようにしましょう。ワンデーの場合は使い捨てになるので保存をすることもありませんが、ツーウィークやワンイヤータイプの場合は正しい方法でケアするようにしましょう。例えば、しっかりと洗浄をして消毒をせずに使っていると、レンズが濁って見えなくなったり、異物感などがあり、装着する際に毎回痛みが発生することもあるので、正しくケアすることが大切です。基本でもある洗浄液での洗浄、すすぎ、消毒、保存の手順は忘れないように行いましょう。

また、通常のコトンタクトレンズは透明なので他人との貸し借りをするということはあまり聞きませんが、カラコンに関してはオシャレアイテムなので、知識がない人は使用していないカラコンを他人に貸したりすることもあります。カラコンは医療機器ということを忘れないようにしましょう。貸し借りをすることで感染症などの危険性も考えられます。自分のカラコンは自分だけで使用しましょう。